スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念(GI) 予想

さぁ今年の最後のG1です。最後も当てたいですね~^^では予想に。

◎ マツリダゴッホ
○ ドリームジャーニー
▲ ダイワスカーレット
注 カワカミプリンセス
△ スクリーンヒーロー
☆ エアシェイディ
 
マツリダゴッホの中山適性は疑いようがない。また前走も内容のある4着。調子も落ちてなさそうだ。また無理に前から行かなくてもいいということは、今年のメンバーからすればかなりのプラス材料。やはり今年もこの馬が中心か。 ドリームジャーニーは前走は見せ場がなかったが、ちょっと極端すぎる競馬になった。結果的にレコードだが、前残りの決着になったことを考えれば、ここは前走は度外視できる。今回は前から行く馬が結構いるため、差しが決まりやすくなるはず。またダイワスカーレットが前から行くと思うので、大体の馬がそれを目安に走るはず。ただドリームジャーニーはおそらくマツリダゴッホを目安にすだろう。マツリダゴッホをまくる感じでいってくれれば、あとはこの馬の根性で直線はどうにかなるはず。騎手の仕掛けどころがカギ。前走みたいに直線だけで勝負してほしくはない。 ダイワスカーレットはこのメンバーの中では実力的にはトップと見ている。だがやはり2500mは微妙。安藤騎手自身も2000がいいといっているだけに、前からのメンバーが多い中での2500逃げるにはいかに実力があっても厳しい。ただ勝てないというわけではないのでこの評価。 カワカミプリンセスは復帰してから2着2回。内容も良く、もともと期待していた馬だけにそろそろ・・・といった感じ。この馬は自在性もあるため、差す競馬もできる。騎手しだいだが、私はやはり抑えていってほしい。そうすればチャンスは十分ある。 スクリーンヒーローはジャパンカップを勝ち、勢いのある馬。問題はまだ実力が測りにくいところにある。ただ実力があるにしても基本的に前から競馬をするこの馬が勝つイメージはあまりない。だが、ジャパンカップの勝ち馬は同年の有馬記念ではかなりいい成績を残してきている。データ的に消せない馬。押さえ程度。 エアシェイディは差し、追い込みをさせればほぼ確実に伸びてくるという魅力がある。今回のメンバーでは差し、追い込みが得意なのはこの馬とドリームジャーニーぐらい。穴で狙うならこの馬。
スポンサーサイト

朝日杯フューチュリティステークス(GI) 予想

久々の更新です。忙しいためお休みしていましたが、再開です。(いつまで続くかはわかりませんが)
また、結果報告が遅れていますが、それは年明けの時間があるときにでもしようと思っています。
では、予想ですが・・・

◎ フィフスペトル
○ セイウンワンダー
▲ シェーンヴァルト
注 ゲットフルマークス
☆ オメガユリシス
△ ツルマルジャパン

フィフスペトルは新馬戦から期待してた馬で、3戦2勝の2着1回。内容も良く、ここでは実力上位は間違いなさそう。乗り替わりはあるが、ルメールならまったく問題なし。調教内容も良かったし、期待できる。 セイウンワンダーは実力もそうだが、自在性も魅力。前走は出遅れたが、ちゃんと折り合って追い込んでの勝利。マイルで2勝あげているのも好材料。どの位置からでも直線では伸びてきそうだ。 シェーンヴァルトは前走レコード勝ち。強い内容だった。距離も問題ないし、ハイペースになると予想される今回は有利。ただ気になるのが騎手。経験の浅い北村騎手に、内から割って出てくることができるのかが不安。うまく前が開けばいいが、こじ開けたりできるかどうかが鍵となると思う。 ゲットフルマークスは前走フィフスペトルを破っての勝利。楽に逃げることができたのもあるが、実力はあると見ている。特に直線での脚はかなりのものだった。騎手は変わるが、蛯名騎手ならそこまで問題ないか。抑えとこうと思う。 オメガユリシスは人気になってないが、ハマったときの末脚には期待できる。ここでもそれは通用すると思うし、北村騎手というのも安心。(2戦2勝)ハイペースになれば出番はある。 ツルマルジャパンは近走ちょっと調子が悪いが、巻き返す実力は秘めている。現にセイウンワンダーにも新馬戦でも勝っているし、マリーゴールド賞ではレコード勝ちもしている。初ブリンカー、松岡騎手との初コンビにも期待できるし、おもしろいかもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。