スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞(GI) 予想

今年の菊花賞は大混戦。大荒れも頭に入れておかなければならない。 …が、やはり◎はドリームジャーニー。距離、馬体重がこの馬に合わないとよく言われているが、それは2400でも言われていたこと。大して問題ではない。確かに、ベスト距離ではないが、この馬の能力は他の馬の能力よりかなり抜けている。よって、マイナス要因が少しぐらいあっても勝てる。鞍上武豊もいい。 ○はヴィクトリー。前走はなかなか見所のある走りを見せた。距離も問題なさそうだし、春よりもだいぶ掛からなくなってきた印象。これなら好勝負を期待できる。 ▲はヒラボクロイヤル。ここまでそこまで注目されていないが、青葉賞を勝ったときのレースはなかなかよかった。その後はあまりいいレースはなかったが、スタミナはそこそこある。鞍上も武幸四郎にもどりいい感じ。位置取り、仕掛けどころがうまくいけば食い込んでくる。 注はロックドゥカンプだ。ここまで負け知らずのこの馬だが、そこまで強い馬と戦っていないため、わかり辛い馬だ。力はあるかもしれないが、騎手に問題がある気がする。このメンバーでは騎手の技量も大切。経験が足りないと思われるこの騎手でどこまで走れるか注目。 △はホクトスルタン。ここ最近見所のあるレースはしている。力もあるが、どうも勝ちきるイメージが沸いてこない。おそらく逃げてくるが、今年は前に行く馬が結構いる。ハイペースになると予想されるため、やはり脚が最後まで持たないだろう。掲示板ほどか。 ☆ウエイクアイランド。前走休み明けで差の無い3着。ここまでもなかなかいいレースをしている。まったく人気にならないだろうが、長距離適正はありそう。大穴を明けるとしたらこの馬か。
 
◎ ドリームジャーニー
○ ヴィクトリー
▲ ヒラボクロイヤル
注 ロックドゥカンプ
△ ホクトスルタン
☆ ウエイクアイランド
 
自信度(★★★★☆)
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://toukaiteio3214.blog35.fc2.com/tb.php/171-032fd71a

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。